🎼団の紹介

1974年頃から宝塚合唱連盟の中で宝塚市にも少年少女合唱団がほしいという声がありました。 翌1975年、宝塚に住む青少年の健全な育成を目的として、宝塚青年会議所のご支援で宝塚少年少女合唱団が発足しました。 それ以来年1回の定期演奏会を中心に活動を続け、今では定期演奏会のほか、夏の卒団生のためのコンサート、合唱祭など年間20回以上の演奏活動をしています。 また、今までに韓国・台北・アメリカ・カナダ・フィンランド・中国・ハンガリー・ロシアで演奏の機会に恵まれています。 一方、日本の作曲家への委嘱活動にも力を注ぎ、青島広志、千原英喜、松下耕など、第一線で活躍する作曲家と新しい作品の演奏にも挑戦しています。 現在、団員は宝塚市及びその周辺から集まる小学校1年生から高校3年生までの約80名で構成されています。練習は週1回、日曜日の朝3時間、原則として宝塚市西公民館(最寄り駅、阪急電鉄今津線小林駅)でおこなっています。 団長は山岡信章(1998年から)指導・指揮は笠原美保(1982年から)西牧 潤(1983年から)、ピアニストとして小林美都(合唱団1期生)、友金美和が担当しています。

 


♫ 団長あいさつ ♫

山岡 信章

 作成中


♫ スタッフ紹介 ♫

笠原  美保

 最初に赴任した学校で合唱部を結成、この活動がきっかけとなり、宝塚少年少女合唱団の指導をすることになる。現在、宝塚市立末広小学校主幹教諭。また、ひょうごプロデュースオペラ児童合唱団や障がい者音楽グループの指導も行う。これまでに、兵庫県「若人の賞」等を受賞。

西牧    潤 指揮を小林研一郎、斉田好男の両氏に学ぶ。合唱団ボイスフィールド、宝塚少年少女合唱団、甲南大学グリークラブ指揮者の他、オペラの指揮、オーケストラを伴う合唱作品の演奏、メサイア第九やオペラなどの合唱指揮など、幅広い演奏活動を目指し、地域の音楽活動の振興にも力を注いでいる。芦屋合唱協会会長。日本合唱指揮者協会、兵庫県合唱指揮者協会各会員。平成指揮者十人の会、21世紀の合唱を考える会合唱人集団『音楽樹』同人。

小林  美都 神戸女学院大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。宝塚少年少女合唱団第1期生。現在、新響楽器でピアノ科、歌科、保育音楽総合コースの講師。

友金  美和

 大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。これまでに数多くの合唱団の伴奏ピアニストをつとめる。宝塚少年少女合唱団には1993年より参加。

イラスト:しらまあおい